電動自転車比較

娘photo170305

公園に連れ出しても、座り込んで砂と戯れてしまう娘。
遊びに来たんだから自由に遊ばせてあげるべきという気持ちと、服の洗濯…砂まみれ…やめて…と思う気持ちで揺れてしまいます。

今日は近所の自転車屋さんで電動自転車の試乗が出来るとのことだったので行ってきました。ブリジストンから3種、パナソニックから2種、試乗車が用意されていました。

わたしの感じたこと、自転車屋さんとお話ししたことを残しておきます。

乗った自転車
・bikke GRI
・bikke POLAR
・HYDEE.II
・ギュット・アニーズDX
・ギュット・ミニDX


スペック的違い
・メーカーの違い
ブリジストン(bikkeとHYDEE)、パナソニック(ギュット)
→ハンドルロックの仕方が違い、ブリジスントンは手動でロック。パナはスタンドをかけると自動でロックという特徴があるそうです。

・タイヤサイズの違い
20インチ(bikke POLAR、ギュットアニーズDX、ギュットミニDX)
前輪24、後輪20インチ(bikke GRI)
26インチ(HYDEE)
→大きい方がゆったり乗れるけれど、小さい方が車体が低くて乗せ降ろしなども安心。小柄な人でも扱いやすい。

・標準チャイルドシートの位置
前(bikke POLAR、ギュットミニDX)
後(bikke GRI、ギュットアニーズDX、HYDEE)
→どちらもオプションで大人+子ども2人仕様に出来るけれど、標準が前シートの自転車はカゴをつける場所がなくなる。ただし、標準前シートの方がカゴの位置が低く設計されているという利点もある。標準前シートを外してカゴにすることは可能。後付けの前シートは試せなかったけれど、自転車屋さんが言うには、最近のものは後付け前シートでも漕ぐ邪魔になりにくく設計されているので大丈夫とのこと。


乗った感じ
それほど長距離を走ったわけでもないのでなんとも言えないけれど、全体的に大きな違いは感じなかった。ゆるやかな上り坂を立ち漕ぎにならず登り切ったのは感動。でも運動不足で弱りきった太ももにはくる…。
唯一HYDEEは、他のものに比べると「重い」と感じた。前輪を動かすタイプと後輪を動かすタイプがあり、HYDEEは後者とのこと。
前輪を動かすタイプの方がアシスト力は強いらしいです。
前輪を動かすものは前から引っ張られる感じ。HYDEEは後ろから押されてる感じ。
慣れるまでは漕ぎ出しが自分の想定より強く、ぐっと出る感じなので「ちょっとだけ進む」とかは気をつけないと危ないかもしれない。


ハンドルロック
自動の方が圧倒的に楽そう。ロックし忘れ、解除し忘れがないのは安心。
ただ、スタンドをかけるまではロックができないっていうのは、本当に大丈夫なのかやや心配。スタンドかける時に手が滑ってハンドルぐりーんってならないものかな。


車体の高さ
bikkeGRIとHYDEEはやや高い位置にポールがあるのでまたぐのが大変とは言われたものの、153cmのわたしでも特に問題なく乗り降りができた。前に子どもを乗せるとどうなるかは不明。
あと、子どもを2人乗せる時は足がべったり地面に着くようにとカタログには書いてあるけれど、実際そこまでしなくても大丈夫とのこと。つま先がちょっと着く…だと危ないけれど、きちんと支えられれば問題無し。


その他
ギュットアニーズDXがカゴが大きいのはよかった。
子連れだとどうしても荷物が増えるからカゴがあるのはありがたい。
bikkeシリーズだと、MOBのカゴが大きいみたい。今日の試乗には出てなかった。
カゴのことを考えると標準後シートがいいのかなぁと思うけれど、2人目が出来て、2人目を長く前に乗せることになったら、標準前シートの方が安全なのか。そこはもう一度確認しておこう。


今日は夫が仕事だったから一人で試乗したけど、今度夫も連れて行って最終決定するつもり。
今日が一番試乗できる機種が多かったみたいだから、一緒に行けたらよかったんだけど。
安い買い物じゃないから悩む!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)